早期退職で趣味ざんまい

2019年3月に早期退職し、趣味に生きる”けんたな”のブログです。

2021.1.15虻田方面ロックフイッシュ修行

けんたなです。

今日はブログで知り合ったkudopapaさんの誘いで虻田方面の漁港に行って来ました。

kudopapaさんとの釣行は12月から数えてこれで3回目。なんか昔からの知り合いくらいの勢いでご一緒してます笑

 

この漁港、私は一度も行ったことがありませんが、kudopapaさんは過去に30cm近い巨ガヤを多数釣っているとのこと。明るいうちはアブラコやカジカも期待出来るらしい。

 

kudopapaさんは仕事があるので16:00現地集合となりましたが、私はアブラコも狙いたいし、明るいうちに場所も見ておきたかったので早めに出発。

 

漁港には12:00着

先客が2名居ましたが私と入れ違いで帰っていきました。最近このパターンが多いです。とりあえず釣り場は貸し切り状態に。

f:id:kentanaaa:20210116020434j:plain

kudopapaさんによると、この港は底一帯に穴の開いたブロックが敷き詰められており根掛かりが激しいとのこと。

沖堤等ではこうしたブロックの隙間(スリット)の奥にデカアブが潜んでいてその中を狙うのが定石と言われており、そういう意味では絶好の修行の場と言えます。

とりあえずkudopapaが来るまでにアブラコを1尾はゲットしたいところ。

 

何が良いかもわからないのでとりあえずテキサスリグをセットし、キャスト後底をとってから手前側にチョンチョン探っていきます。

あるところで着底せずに糸を送り込むと奥に入っていくところがあります。たぶんこれがスリットですね。そこに仕掛けを落とすのは難しく無いのですが・・・

 

問題はスリットに入れた後。

そこから仕掛けを出すのがムズい

落としきったところから竿をやわやわとリフトすると30cmくらいで「カツッ!」って根掛かりしそうな感触を感じます。

緩めるとまた落ちますが、リフトするとまた「カツッ!」と引っかかる。

たぶん糸が天井の隙間に挟まってその下でオモリがぶら下がって上下している状況だと思うのですが実際どうなっているのかはわかりません。

そうこうしているうちにうまく抜け出せることもありますが、オモリの上下感が無くなったが最後、根にガッチリ嚙んでジ・エンドって感じがほとんどでした。

一度だけスリットの中で良いアタリがあって、アワセたら根掛ったけど、魚は確実付いてるみたいなのもありました。しばらく粘ってもビクともせず最後は無念のブレイクでした。もうどうしたら良いのか正解は見えずじまい。

 

結局10cmあるかないかのチビガヤが2~3匹釣れただけで時間は15:00に。

16:00にkudopapaさんが着くので待ち合わせ場所まで小移動。

 

15:30、移動した先で普通サイズのガヤが釣れました。狙いの巨ガヤははこんなものじゃないはず。

f:id:kentanaaa:20210116031335j:plain

 16:00 kudopapaさん到着。

お久しぶりの挨拶をして

どうですか?との問いに

地球ばかり釣ってますと私...汗

kudopapaさんも苦笑い。

ですが、ガヤが釣れるのは暗くなってからとのことでこれからに期待です。

 

16:30ガヤ(24cm)

f:id:kentanaaa:20210116032320j:plain

「巨ガヤ」ではありませんが今日イチサイズだったので保険的にキープしました。

5:15シマゾイ(25cmくらい?)

f:id:kentanaaa:20210116032822j:plain

先ほどのガヤと同じような全長ですが、引きはこっちのほうが強かったです。シマゾイはまだ大きくなる魚なのでリリース。

 

18:00を過ぎ、時間と共にガヤの活性は上がってきましたが、サイズが出ません。アベレージで15~20cm、良くて20cm前半という感じ。

潮回りかなんかが悪いのか?

デカいのはかなり抜かれてしまったのか?

理由はわかりませんが、kudopapaさんから今日はダメみたいですねとの言葉が。

 

その一方で私は、根掛かりを回避しつつアタリを取り、そして掛ける!という一連の動作が楽しすぎて、時間が許す限りやっていたい気分になっていました。

kudopapaさんに

明日は休みですか?何時に帰るとか決めてます?

って聞きました...笑

 

kudopapaさん、

時間は全然大丈夫ですよー

って言ってましたけど...汗

巨ガヤ来ないし、寒いし、実は結構しんどかったのではないでしょうか...汗

 

20:00頃、私が根掛かりブレイクしたところで

そろそろ終わりにしますかーと声がけがありました。

  

私の方はまだやっても良い感じでしたが、止めてくれて助かったとも思いました。

この一声がなければ極寒の中、朝までやってしまいそうでしたから...汗

格闘技であればダウン寸前の選手にセコンドがタオルを投げ入れたみたいな感じだったと思います...笑

おかげで体は守られ、また元気に釣りに行けそうです。

20:30納竿

 

 

結局、保険用に活かしてあった5尾(20~24cm程)がそのままお持ち帰りとなりました。kudopapaさんからも1尾頂戴しました。シマゾイは写真のと同サイズがもう1尾釣れたけどどちらもリリースしました。

f:id:kentanaaa:20210116043814j:plain

巨ガヤだったら刺身にするところだったんですが、歩留まりが悪そうなので煮付けかアクアパッツァで食します。

 

kudopapaさん、寒い中お疲れでした。ロックフイッシュ面白かったです。

ブログをやっていなければkudopapaさんとも出会っていなかったし、この時間にこんなところに自分は立っていなかったんだなと思うと、なんか不思議な気がしました。

また後半少しコツがつかめた気もしたけど根掛かりしまくりで修行不足を実感する釣行でした。いつかはスリッドに潜むデカアブをぶっこ抜ける腕前になりたいです・・・

 

↓ けんたな記事のランキング確認はこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

ホッケの小骨は取るべきか?

けんたなです

13日、ホッケ大漁でした。

f:id:kentanaaa:20210113222617j:plain

私のホッケレシピですが、大漁したときはウロコを引くのが面倒なのでほとんどを3枚におろして皮を引き、骨を取って、すり身、唐揚げ、天ぷらで食べています。

 

下処理はこんな感じ。

f:id:kentanaaa:20210114095119j:plain

上図は普通の3枚おろしで皮を引き、アバラの骨をすいた状態です。

この状態ではまだ真ん中あたりに結構な小骨が残っているので、私の場合は更に真ん中の骨を除去して下図のような形を下処理の最終形としています。

 

真ん中の骨って意外とゴツいんですよね。

f:id:kentanaaa:20210114100426j:plain

30cmも無いホッケでも中骨の長さは1.5cmほどありました。これをそのまま食べればいかにも喉に引っかかったり歯に挟まりそうだなと思い、取り除いていた次第です。

 

でもお店で売っているホッケフライなどを見ると真ん中の骨を除去しているようにも見えないですし、ホントに中骨を取る必要があるのか?とふと思ったので、今回検証してみることにしました。

 

どちらも天ぷら粉をまぶして揚げてみました。

f:id:kentanaaa:20210114100852j:plain

結果ですが・・・

小骨を取らなくても全然気になりませんでした

感覚には個人差があると思いますが(私は鈍感なほうかも・・・)、小骨を探しながら食べればなんとかわかるかも?ぐらい。何も考えずに食べたら気づかないレベルでした。

 

試しに下図の中骨の部分(いつもは捨てている)だけを食べてみるということもしてみたのですが、骨を食べているハズなのに

普通に食べれました

もしかすると冷めてからだと骨が気になるのではと思い、30分ほど置いて冷ましてから食べてみましたが

冷めてからでも小骨は気にならず

私が鈍感すぎるだけという可能性もありますが笑

 

という訳で【結論】

30cm未満のホッケで調理方法が揚げものの場合

小骨は取らなくてOK!

 

但し、

大きめのホッケ、調理方法が焼き、煮付けなどの場合は

小骨が気になる可能性があります

 

小骨取り行程を無くすと仕事も早くなり歩留まりも良くなるので、今後同じサイズのホッケが釣れたら小骨取らずで行きたいと思います。

 

 

↓けんたな記事のランキングはこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 ※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

2021.1.13積丹方面ホッケ・ニシン

けんたなです。

今日13日、本当は室蘭沖堤の予約を入れていたんですが強風で渡しが中止になってしまい、予定がポッカリ空きました。代替えでどこかへ釣りに行きたい。

 

積丹のホッケか、白老の大チカで迷いましたが、白老方面は今日風が強そうなのと、しばらくホッケも行っていないのでどうなったか気になるということで昨年末に2回行っている東積丹の漁港に決定。

 

ただ前前回(12/22)、前回(12/28)とだんだんホッケが釣れなくなってきているので、今回は下手すりゃボウズになるかもと思いつつ向かいます。

小樽まで晴れていたのに余市に入った途端暗くなり少し吹雪いてきました。

 

11:00釣り開始

ジギングらしき人が2人居ましたが、釣れないのか、少し吹雪いてきたせいなのか、ほぼ入れ違いで撤収して行き、釣り場には私一人。

f:id:kentanaaa:20210113215135j:plain

いつもの浮きサビキでやります。

f:id:kentanaaa:20210113215446j:plain

吹雪模様のせいか今日は静電気が発生...

竿を投げる時が一番発生しやすいようで、膝裏あたりにバチバチ来ます。

 

一発目は11:10 3投ほどで来ました。早い・・・

f:id:kentanaaa:20210113215936j:plain

今日は最初から群れが居たみたいでその後も労せず釣れます。

ホッケダブル

f:id:kentanaaa:20210113220624j:plain

 

11:15 ホッケとデカニシンのダブル!

f:id:kentanaaa:20210113220720j:plain

メチャメチャ良いニシンです。

f:id:kentanaaa:20210113224433j:plain

ニシンはもう少し釣れるかと思ったんですが、その後中ニシンが一匹釣れて終わり。

 

ホッケはすこぶる快調で、1時間ちょっとでこの状態。

f:id:kentanaaa:20210113221213j:plain

サイズはローソクより若干大きいくらいが大半、たまに普通サイズが混じります。

少し釣りすぎました。そろそろ手加減しないと後が大変ですね...汗

 

もう魚は十分確保したのでワームでもやってみます。

ペースはグッと落ちましたが(下手なので笑)、それでも釣れる。

同じ1尾でも釣り方を変えると楽しい。

f:id:kentanaaa:20210113221350j:plain

気がつくと周囲にジグサビキの人が6~7人並んでました。

でも釣っている人はほんの一部。餌でやれば簡単に釣れてしまう状況でも、ジグサビキではなかなか釣れないようです。

ただ上手な人はワンキャストワンヒットくらいのペースで釣りあげていたので、腕の差が出やすい釣りだなと思いました。

 

ワームでは他に小ガヤやギスカジカ等も釣れましたが、撒餌をしなくなったせいかホッケは次第に釣れなくなり16:00で終了

  

後半は魚を選んでキープするようにしていましたが、ちょっと釣りすぎました....汗

f:id:kentanaaa:20210113222617j:plain

50尾はありそう...汗

下処理だけ今日のうちにやっちゃって、調理は明日にします。

 

釣るのは楽しかったけど・・・しばらくホッケ要らないです。

今度釣るときはもう少しデカいやつが良いですね。

 

 ↓ けんたな記事のランキング確認はこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

スノーボード(2回目)キロロ

けんたなです

今シーズン2回目のスノーボードに行って来ました。

今回はキロロスキー場です。

道中、札幌市内の雪は少なめですが、余市、赤井川方面は例年と変わらないんじゃないか?ってくらい積もっていました。路肩の雪の高さが札幌とは別世界でした。

 

ゲレンデに出たのは9:30 気温は-7℃

例年であれば”今日は寒いねー”なんですが、今年の冷え込み具合からすると-7℃でも”思っていたよりも暖かい”印象でした笑

f:id:kentanaaa:20210111161007j:plain

雪質は最高です!

f:id:kentanaaa:20210111161537j:plain

しかしながら、キロロにしては積雪量が少ないようで、例年なら出ているハズの無い枝とかが至る所顔を出したりしてました。

 

三連休最終日ですが、人は全然少なかったです。平日に毛が生えたぐらい。

キロロは近年外国人をターゲットにしたリゾート開発を進めていたので、コロナの影響でかなり打撃を受けているでしょうね・・・

遅かれ早かれこういう世界になったとは言え、タイミングが悪すぎましたよね。滑る側からすれば人が少なく快適ですが、経営は大丈夫なのかと心配になります。

f:id:kentanaaa:20210111161745j:plain

本日は余市2本、長峰3本、センター1本で6本滑りました。

今日はボードのひねり(トーション)だけで曲がる練習をして、緩いところではまあまあ出来たけど斜度が上ったりリズムが早くなると良くわからなくなりました汗

 

滑った本数は前回より増えましたが、疲れは少なかったです。初滑りの超回復でいくらかは体力アップしているのかも笑

 

年齢がいって体力の衰えもそうですが、一番感じるのは集中力が切れる早さ。

集中力が切れると動きも雑になり、ヒヤリハットの場面が増える気がします。

まだ滑れる余力を残してやめるくらいが丁度良いと思う。

12:00終了

 

帰りは、毎年ルーティンになっている山中牧場f:id:kentanaaa:20210111164328j:plain

f:id:kentanaaa:20210111164244j:plain

ソフトクリームに雪が積もっていました笑

 

バニラソフト(280円)を食べましたが・・・

やっぱりウマイー、来た甲斐あったー

甘いとか、美味しいとか、色々あると思うけど・・・ 私の中では

鮮度抜群!という表現がピッタリきます。

 

昨年も同じことを書いていますが、私が過去食してきたなかで一番美味しいと思うソフトクリームです。とにかくミルクのサラサラ感、フレッシュ感が凄い。

 

スキーしない人はなかなかこっちに来る機会はないと思いますが、私の中ではこのソフトクリーム目当てだけで来てもいいかなくらい評価してます。

 

ではでは

 

2020~21シーズン滑走実績

12/23 札幌国際

1/11 キロロ

  

↓けんたな記事のランキングはこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 ※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

2021.1.7茨戸わかさぎ1回目

けんたなです

年明け腰痛に見舞われ、治ったかと思ったら昨日から首根っこあたりが超痛い...汗

ぎっくり腰、ギックリ背中は何度かありますが、ギックリ首は珍しいです。

一定の角度に動かすとグキーっと痛みますが、ギックリ系は安静にしていても治る時間は変わらないことが多いので辛いですが耐えて凌ぐのみですね。

 

という訳で、2日前から予定していたワカサギ釣りに相棒と2人で行って来ました。

ワカサギは今年初。場所は茨戸の「とれた小屋ふじい農場」さんの漁場です。

 

テントを設営し開始したのは8時頃

f:id:kentanaaa:20210107163120j:plain

開始早々はすぐにアタリが来ることが多いのですが、ダメですねー💧

今日はハズレの日かなという気配。

やっと来たと思ったら

ウグイ(7~8cm)

f:id:kentanaaa:20210107163231j:plain

可愛らしいですが・・・初釣果がウグイでスタートとは幸先が悪い...汗

その後15分くらいかかったでしょうか、やっとこさ

ワカサギ(7~8cm)

f:id:kentanaaa:20210107163433j:plain

とりあえず来て良かったー  型はまあまあ。

開始から30分くらいでトリプルヒットも出ました。

f:id:kentanaaa:20210107163536j:plain

一番下に付いていたのは12~13cmの今日イチサイズ。

f:id:kentanaaa:20210107163731j:plain

しかし、ほんの数匹通りかかる程度のようで連続しません。とにかくアタリが無い。

回りからも「今日はイマイチだねー」といった会話が聞こえてきます。

周囲の子供達も歌を歌ったり走り回ったり騒がしくなってきました。

ワカサギ釣りで子供が騒ぎだすときはほぼ釣れていないです...笑 

 

そして、相棒がいつもの得意技をやらかします。

ハサミで餌をカットするときに間違って本線を切る...汗

この人、ワカサギ釣りに来るたびほぼ毎回これをやります...汗

ワカサギ歴3年、誘いやアワセも上達し、ウグイとワカサギも一発で見分けられるまで成長したというのに「仕掛けの扱い」だけはいつまでも素人のまま...汗

新しい仕掛けに変えましたが、またすぐ仕掛けが絡まって再起不能の状態に...汗

時間はもう11時半。釣れないし12:00くらいで帰るつもりでいたので、今からまた新しい仕掛けを卸すのは勿体ないということで、仕掛けを途中から切り、針2本の仕掛けに作り直してあげました。

すると針2本にしたとたん急に釣れ出します。笑

たまたまだろうと思いましたが、なぜかその後も順調に釣れます...汗

 

もしかすると、針2本になったことで仕掛けの動きが変わったとか、見え方が変わったとかプラス要素があるのかもしれません。”災い転じて福となす”とはこのことか?

 

私もダメ元で6本バリを3本にしてやると、相棒ほどの差は出ませんでしたが何となく反応がアップした気がしました。

まあまあ釣れるようになってきたので1時間延長し、13:00終了

 

後半の追い上げで、それなりになりました。

私(56)、相棒(51)で私の勝利

見た目ではわからないほどの僅差でした。

f:id:kentanaaa:20210107173939j:plain

 昨年は1人100越えも当たり前でしたが、今回は厳しかったです。

 

釣れないせいかウグイも多かったです。周りからも、またウグイかーみたいな声がちょくちょく聞こえていました。

大半は7~8cmのワカサギサイズですが、たまに20cm級も掛りますので気をつけて。

f:id:kentanaaa:20210107174330j:plain

茨戸のワカサギは美味しく無いと言う人がいますが、それは内臓に浮泥や糞が残っているからだと思います。

我が家では内臓を全部取ってから調理するので泥臭いと感じたことは無いです。

 

今日の釣果は南蛮漬けでいただきます。

 

↓ けんたな記事のランキング確認はこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

大チカの下処理(骨とり)やり方※動画あり

けんたなです

先日白老で釣った大チカを調理しました。

唐揚げ、天ぷら、フライ、美味しいですよね!

チカが小さければ内臓だけ取って丸ごと食べられますが、大チカになると「骨が気になる」という人、多いと思います。

子供とか、魚を食べ慣れていない人には特に嫌がられます(^_^;

 

私自身は魚に骨があるのは当たり前、喉に刺さらない程度なら許容範囲(笑)みたいな感じもありますが、それでも骨が無いほうがストレスなく食べられます。

  

という訳で今回は大チカの下処理(骨とり)について、これまで試行錯誤してきたなかで、一番楽で綺麗に素早く出来ると思っているやり方(自己流)を紹介します。

 

普段映像は撮りませんが、やっぱり動画のほうがわかりやすいよなーと、10年以上も前のハンディカムを引っ張り出し、固定カメラで撮影してみました。本当は目線方向からのほうが見やすいですが、適当なグッズも無いので三脚で前側から撮ってみました。

ヌルが付いた手で録画ボタンをポチッ...笑

動画のなかでも若干説明していますが、このやり方は釣ってきてすぐだと骨と身がしっかりくっつき過ぎていてやりにくいです(アバラ骨がはがれにくい)。

私の場合は、頭と内臓を取るところまでは釣った当日にやり、骨を外すところからは冷蔵庫に1晩置いて翌日にやるようにしています。

 

撮影した動画を後から見て思いましたが、何匹も捌いた後に撮影しはじめたのでまな板が汚ないですねー、手にもウロコの欠片とかいっぱい付いてるし、腕時計してるのもちょっと汚らしく見えます...汗

動画を撮るなら「清潔感」というのも大事だなと思いました(^_^;

 

あと、動画編集はウインドウズ付属の無料アプリ「フォト」でやったのですが、テキストの配置とかトリミング性能が低すぎるし、動きも重く、全然思うように出来ませんでした。ウインドウズ7まで付属していたムービーメーカーだったら無料でもそれなりの編集が出来たんですが。

 

今回はやりかけたので少し頑張ってみましたが、テキスト入りの動画は専用ソフトとかでないとかなり面倒くさく、フリーズの嵐だったのでもうやらないと思います(^_^;

 

動画見て、これなら自分でも出来そう!と思った方、大チカはスーパーでもたまに見かけるのでやってみてはいかがでしょうか?

f:id:kentanaaa:20210104181407j:plain

 

 ↓けんたな記事のランキングはこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

 ※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。

2021.1.3初釣りは白老港

けんたなです

寒い日が続いていますが、2021シーズン初釣りに行ってきました。

今回は昨年ブログ繋がりでご一緒したkudopapaさんと同行。

 

最初は双方ホッケが釣りたいと言うことで積丹方面が候補にあがったのですが、西は天候的に厳しそうだし、東は釣れないことも無いけど釣る前からどんな感じになるかだいたい想像がつくみたいな感じだったので私から意表をついた提案。

白老あたりどうですか? と。

白老は全く土地勘がありませんが、youtubeで12月にホッケが釣れている動画が複数あったのと、ホッケ以外にもチカ、ドンコ、アブラコ、ソウハチ等も狙えるようなので一度行ってみたいと思っていました。日本海側より風も良さげですし。

あと、kudopapaさんはこの辺の土地勘もあるそうなので、これを機会に白老の釣り場も覚えられるかなと。笑

 

という訳で場所は白老港に決定

10:00集合

kudopapaさんの案内でホッケが釣れているであろう埠頭に着きますが、日曜なこともあり着いた時にはもう満杯。

ちなみにホッケを釣っている人は居ましたが、群れが薄いようでピンポイントでパラパラくらいの感じ。大チカはまあまあ上がってました。

 

入る場所が無かったので別の埠頭に行きます。

先ほどの場所に比べてあまり釣れてる気配が無いですが・・・ 

居るなら撒き餌すれば寄ってくるでしょう?と軽く考えて始めます。

f:id:kentanaaa:20210103212504j:plain

2人で浮き+コマセカゴ+サビキでやりますが1時間経って何も起こらず。

太平洋の魚はコマセの効きが悪いのか、群れありきみたいな感じなのか?

積丹より厳しい...汗

 

1時間経過した頃、コマセとはあまり関係なさそうですが足下にチカの群れが少し通ります。ホッケも全く来ないのでスピード仕掛けのチカ針に変えて何とかヒット。

f:id:kentanaaa:20210103213953j:plain

2021年の初物は大チカとなりました。20cmちかくありますね。しかし、群れはすぐに見えなくなり3匹釣れて終わり。

12:00過ぎ、業を煮やしたkudopapaさんが、最初のポイントを見てきますと言って場所を離れます。すぐ電話が来て2人入れそうな場所があるということで、場所取っているので片付けてこっちに来て下さい!と。

自分の道具を大急ぎで片付けて向かいましたが結構待たせてしまったかも(^_^;

入れ替わりでkudopapaさんも道具を片付けて移動。

 

13:00新たな場所で釣り再開です。

時間が悪いのか、今はチカも釣れていません。

気温も零下なので竿だけ出して車で待機している人も多いよう。

f:id:kentanaaa:20210103214914j:plain

場所が狭いので投げサビキはせず、とりあえずスピードでチカ狙いにします。

あと居るかどうかわからないですがカジカ狙いで足下にイカゴロ仕掛けを投入。

 

しばらく何も来ませんでしたが、14:00くらいから徐々にチカが釣れ始めます。チカは総じてデカい。kudopapaさんはチカは要らないようで私がもらうことに。こんなデカチカ滅多に釣れないので喜んでもらいますー笑

f:id:kentanaaa:20210103221727j:plain

イカゴロ仕掛けは投下して1時間、あげてみましたが全く食われた形跡はなく中身もビッとしたまま。 

居ないんだな・・・と思いましたが、最後にイカゴロエキスを海底にぶちまけてやろうと思い、再度海底に落としてシェイク。すると・・・

いきなり食った!

カジカです。デカくは無さそうですが、カジカが欲しかったのでpapaさんに竿を持ってもらい車にタモを取りに行き無事にランディング。

トウベツカジカ(30cmちょい)

f:id:kentanaaa:20210103222332j:plain

本日の一番の見せ場です。笑

まだ釣れるかもと同じ場所に落としてみましたが、さすがに2匹目は来ず。

もう十分見せ場は作れたので(笑)イカゴロをやめ、今度はチカを餌にした泳がせ釣りにチェンジします。

kudopapaさんから「20cmのチカは餌には大きすぎませんかー」と言われ、「だと思いますー」と答えつつ、それしか無いので背中に掛けて投げます。

チカが大きい分弱りにくいようで、何かが掛っているようにロッドの先が動きます。しかし、30分ほど経つとロッドも動かなくなりました。

そろそろ死んだかと思ってロッドをあおると・・・重い!

キター 笑

トウベツカジカ 2匹目(30cmちょい)

f:id:kentanaaa:20210103224946j:plain

20cm近いチカを丸呑みです。チカは完全に胃袋の中で全く見えなくなっていました...汗

ちなみに、横のチカは使った餌と同じ大きさのものを比較用に置いてみただけです。

 

本日の釣果

大チカ40尾(2人の釣果。kudopapaさんが半分以上)

f:id:kentanaaa:20210103225557j:plain

トウベツカジカ2尾

f:id:kentanaaa:20210103225528j:plain

 

トウベツカジカのお腹の中には大食漢ならではの胃内要物が。

f:id:kentanaaa:20210103225759j:plain

1番上は泳がせの餌で丸呑みされ胃袋に入っていたチカ、更に同じカジカから1番下のドンコが出てきました...汗

2、3番目は小ニシンで、イカゴロで釣れたカジカから2匹出てきました。

 

今日は本命のホッケは釣れませんでしたが、大チカとカジカで大満足でした。

泳がせ釣りで釣れたのが特に嬉しかったです。20cmのチカでもカジカには全く問題ないこともわかりました。

 

あともうひとつ教訓だったのがオキアミ。気温零下だと凍ります...汗

こういう寒い日は、アミピュアみたいな不凍タイプが良いようです。

 

最後にkudopapaさん、今日はありがとうございました。

おかげで新年早々楽しめました。

仕事落ち着いたらまた何処か行きましょう。

 

 

 ↓ けんたな記事のランキング確認はこちら

にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村

※コメントは一番下の「コメントを書く」からどうぞ。管理人がチェック後に公開しますので内容的に非公開が望ましい場合はその旨お知らせください。返信先がわかればコメント返しもさせて頂きます。